家づくりコラム

2022-01-20 13:32:00

木の家の良いところ、集成材と無垢の家の寿命

 

東陽の家は愛知県一宮市を中心に

新築やリフォームに携わっている工務店ですが、

 

私たちは「木」をふんだんに使ったおうちづくりをしています。

 木にもたくさんの種類があります。

 東陽の家が良く使うカバザクラ、杉、ヒノキ、ナラ、パイン。

 そしてその木をどう使うかも様々。

 

木本来の「無垢」といわれる状態でつかったり、

「集成材」として加工された状態でつかったり。

 

 無垢の木とは、その文字の通り素材そのままの木材のことです。

 メリットとしては、なんといってもその耐久性です。

無垢の木は建ててからも成長するのです。

時間を重ね水分が抜けて10年、20年とどんどん強度を

増していき、200年以上の耐久性を保つことが出来ます。

 

東陽の家は柱や梁など、 

家を支える大切な部分(構造材)には「無垢の木」を使います。

 

一方、「集成材」の木は、簡単に言うと様々な木を接着剤で重ねて1本の木として活用していきます。

メリットとしてはいわゆる「加工品」の為大きさや色味などを統一することができます。

他にも限られた資源を有効に使える、無垢に比べれば安価で手に入るといったところでしょうか。

 ですが、やはり接着剤を使った工業製品。完成した直後は力強くて丈夫でも、何十年と経てば

その耐久性は無垢に比べれば圧倒的に劣ります。

 

東陽の家が手掛ける家は「次の代にも残る家」です。

だからこそ、素材にも妥協は出来ません。ただ、本来無垢の木はとても高額になります。

しかし東陽の家はそんな高級な無垢の木を他の工務店よりもお値打ちに手に入る仕組みが出来ています。

 

とりわけ「東濃ひのき」という丈夫な木に着目し、産地の東白川村の森林組合と製材協同組合と協力体制を気づきあげています。

比較的お手頃な価格で無垢の木をふんだんに使った家を提供出来ています。

 

少しながくなってしまいましたが、、、!

そんな「東濃ひのき」を使って作られたおうちの完成見学会を

12930日に岐南町にて開催します。

是非お気軽にお越し頂き、あなたの家づくりの参考にして頂ければと思います。

↓ご予約はこちらから↓

1月29日30日 OPENHOUSE

 

 

 

 

 

 

2022-01-17 16:00:00

家づくりで最初になにをしたらいいの?

 

家づくりを考えるタイミングは人それぞれです。

お子様を授かったタイミング

ご自宅の老朽化によって建て替えが必要なタイミング

ライフスタイルが変わるタイミングで

新築なりリフォームを検討されるのかと思いますが

まず一番最初にやることは

HPでハウスメーカー、工務店を探し資料請求をする」と

言う方も少なくないのではないでしょうか?

ただし、ここに注意点があります。

それは「送られてくる資料の質」です。

オシャレなパンフレット、綺麗なパンフレット、立派な資料は

とても魅力的なのですが、、、、

その資料を作るにあたって非常に莫大な費用が必要になってきます。

そしてその費用は当然ながら「お客様からの建築費用」から捻出されます。

 

東陽の家(東陽住建)は一宮市で40年以上に渡って

新築やリフォームに携わっています。

ただ、東陽の家には他社様のように立派なパンフレットはありません。

それは何故かと言うと、

「パンフレットを作る費用をお客様の家に使いたいから」です。

無駄な経費をかけないことによって、

「良いものをお値打ちにコスパ良く」提供出来るようになります。

だからこそ、まずは一度勇気を出して住宅会社に

「直接訪問してみる」ということをオススメしています。

直接訪問することによって、

社内はキレイにされているのか?スタッフの対応は?

永く住む家を任せて良い人なのか?などが見えてきます。

東陽の家にはキッズスペースや、おむつの交換スペースがあるトイレもあるので

小さなお子さんがいらっしゃる方でもお気軽にお越し頂けます。

12930日には岐南町にて完成見学会も開催されます。

詳細はコチラから→(http://toyo-sumai.jp/info/4349227

是非お気軽にお越し頂き、あなたの家づくりの参考にして頂ければと思います。

 

2021-12-22 17:24:00

住宅ローン控除

 

新築を検討している人はいろんなところで聞いているかもしれませんが、

住宅ローン控除が1%から0.7%に変更する見通しです。

ただ、ここで要注意なのは「必ずしも損をすることではない」ということです。

これは一見損をしているしているように思いますが、

住宅ローン減税は年収や借入金額の状況によって還ってくる金額が変わってくるので

必ずしも損かというと一概には言えません。

それよりも気を付けないといけないことは、「焦って変な家を購入しない」ということです。

ここで言う「変な家」とは「将来的にメンテナンスが膨大に必要になってくる家」を指します。

外壁のメンテナンスは選ぶものや、建物の建て方によって10年程で¥200万ほど

補修費用が発生してしまう場合もあります。

「その地域の気候風土に合った家」を建てれば、最終的には一番コスパが良い家になります。

2021-12-15 09:20:00

年末要注意。

 

 

 

年末よくある相談の一つが「給湯器が壊れた」というご相談を毎年何件か頂きます。

 

ただ、今年の年末はとくに要注意なんです!!

なぜかというと、今年は「給湯器が手に入らない」からです。

 

様々な要因があげられますが、半導体不足が影響の大きく

 

全国的にほぼすべての会社が給湯器を求められても

 

提供出来ない状況が続いています。

 

給湯器の露出している配管にタオルを巻いてあげるだけでも全然違ってきますので

 

急に寒くなりそうだ!と事前に分かったときにはぜひお試しください。

天気予報で天気もですが、温度ともにらめっこしてみてもいいかもしれません。

 

 

 

 

2021-12-13 11:35:00

こどもみらい住宅支援事業

先日新しい住宅の補助金が閣議決定されました。

その名も「こどもみらい住宅支援事業」

house_reform.png

 

国交省から打ち出された対策で、子育て世代、若者夫婦世帯の住宅取得に伴う負担軽減を

 

図るとともに、省エネ性能を有する住宅ストックの形成を支援するため

 

省エネ性能を有する住宅ストックの形成を図る事業です。

 

簡単に言うと、子育て世代や若夫婦で性能の良い家を建てると国が応援するよ!ということです。

 

条件を満たせばリフォームだと最大¥30万、新築だと最大¥100万の補助金が出るといった制度です。

 

こういった国の政策も、いち早くキャッチしお客様にご提案しております。

 

詳細が気になる方は是非お気軽に弊社までお問合せ下さい♪

 

1 2 3 4 5 6